ニンジン

高麗人参と紅参の違い

高麗人参は様々な加工法があり、それによって名前が変化します。
高麗人参の選び方のコツきついてはこちらをご覧ください。
紅参という高麗人参は、6年根の水参の中から厳選したものを皮を剥かずに煮る、あるいは蒸して水分の量を14%以下になるように自然乾燥させて作られます。

蒸気で蒸して乾燥させる過程で紅色になり、その時に有用成分ができるので、水参や白参よりも健康的であると言われています。
見た目は赤褐色であり、非常に堅いため、長期間の保存が可能です。
紅参が最も薬効が高くて、高麗人参の中では最高級品とされています。

紅参の中にも等級があり、形状や大きさなどによって、天や地、人などに分けられます。

栽培地は韓国の北部の地域、北緯36度からソウルまでのエリアです。
大韓民国人蔘公社が高麗人参の栽培と管理をしています。

畑から取り出したばかりの生の状態の高麗人参は水参と呼ばれます。
水分が7割も含まれています。

白参という種類があり、こちらは4年根から5年根の状態の水参の皮を剥いて、それを太陽の熱や熱風により乾燥させます。
人蔘サポニンという成分が紅参と比較して少ないという特徴があります。

皮を剥かない場合は、皮付白参と呼ばれます。
皮付の方は調剤に使われます。
ソウルよりも南のエリアで栽培がおこなわれています。
高麗人参という総省は水参のことを示していることもあります。

朝鮮人参には製法によって様々な違いがあります。
水参はいわゆる生の人参です。
新鮮なのですが成分は凝縮されていません。
水分量が多いので、有効成分が含まれていても分解されるので、保存ができないです。
これの皮を削って乾燥したものが白参ということになります。

紅参とは皮ごと乾燥させたものです。
見た目が赤っぽく見えるので紅参と呼ばれています。
そのままの状態だと赤褐色に見えて、粉末状にすると山吹色になります。
有効成分がしっかりと凝縮されていて、保存も効くので、最高級品として重宝されています。

12世紀ごろの高麗の時代から紅参は重宝されてきました。
高麗人参を購入する時は紅参を購入しましょう。
こんな方におすすめ!高麗人参の向いている人

Menu