ニンジン

高麗人参の製造過程

普通の野菜と比べると、高麗人参はそれらにない大きな特徴があります。
高麗人参は、自生しているものを山参と呼び、畑から掘り出して葉についているものは水参と呼び、掘り出してから乾燥させたものを紅参と呼びます。
高麗人参の種類について詳しくはこちらにもあります。

天然で採れる高麗人参である山参は高級品です。
高麗人参を作るためには、夏場に高温多湿ではない涼しい環境の中で、水はけが良くて、腐葉土で肥えている土を用いて、雨があまり多く降ることのない土地で育てる必要があるので、非常に厳しい条件があります。
これらをクリアしたものからしか山参は採れないのです。

畑づくりにはまず腐葉土を用いて土地を肥やして、耕す作業を1年から2年かけて行います。
高麗人参は土の中の栄養素を全て吸い尽くしてしまうので、一回使用したら、その畑は10年以上使えなくなってしまいます。
また、高麗人参を育てる時に化学肥料などを使用してはいけません。

収穫を始めるためには、種まきをしてから4年から6年の時間がかかります。
3年以内に収穫してしまうと高麗人参特有の効能が無く、6年以上が経過してしまうと腐ってしまうので、ちょうど良い時期を見計らって掘り出す必要があるのです。

高麗人参を収穫した物には、畑から掘り出したばかりの水参、煮て蒸して乾燥させるという工程を経た紅参、そして、収穫後に皮を剥いて煮干しにした状態の白参があります。

水参は水分の割合が7割から8割程度の物です。
白参には水産の皮を剥く場合と剥かない場合があります。
皮を剥かないものは調剤として用いられることがあります。
白参は水参を熱風や太陽によって乾燥させて、水分の割合を1割強の状態にします。
紅参では、洗浄した後に煮る、あるいは蒸して、太陽によって乾燥させます。
乾燥をさせると紅参は赤くなります。

乾燥が済んだ後は、形を整てて、区分けをします。
区分けにより、高麗人参の外見や内側の組織、重量などをもとにして等級を決めていきます。
この過程を経たものに、加湿や圧搾をして形を整えたら包装します。

乾燥させた後には、エキスなどを加工します。

Menu